東京読書会コラム

【SNSマーケティング】SNS特性を見極め効果的なブランディングを行う方法

投稿日:


SNSといえば、日本で最初に爆発的に広まったSNSはmixiです。

mixiによってWEBとリアルの壁は極限まで薄くなったのではないかと思います。

その後Facebookの台頭によりmixiは衰退しましたが、

一度根付いた「SNS文化」は衰えることなく、世界中に拡大していきました。

そして、テレビや新聞といった従来型のマスメディアに代わる広告宣伝ツールとしてもSNSは有力なメディアへと成長しました。

なんといっても、個人のブランディングに対する難易度がSNS前後で大きく変わり、

一般人が「インフルエンサー」として社会に対して影響力を与えることが出来るようになったというは世界の大きな変化の1つでしょう。

現在日本で有力なSNSはFacebook、Instagram、Twitterの3つです。

個人的な呟きを発信するのであればどのSNSを使うかは個人の自由ですが、

セルフブランディングやビジネス用途においては、

発信する内容によって使うSNSを選ぶ方がより戦略的かつ効率的に世の中に周知できます。

今日は、目的別にどのSNSを使うと良いのかを皆さんにお教えします。

結論、日本ではTwitterが最強だと僕は思っています。

利用者層は気にする必要がない

自分の商材、発信内容、ターゲットの年齢によって発信するSNSは選ぶべきだ

という考えもあるかもしれませんが、これははっきり言って不要です。

SNSブランディングで気にするべきは、そのSNSがもっている機能と特徴だけです。

その2つの特性を理解したらどのSNSを使うべきかが自ずと決まってきます。

ではそれぞれのSNSの特徴を見比べていってみましょう。

Facebookはシェアを狙うならライトで。お金等ディープなものは長期スパンで。

皆さんは周りの友だちとする会話で、下記の内どちらが多いでしょうか?

  1. 昨日見たテレビの話や職場の愚痴、家族の事
  2. 未来の事、お金のこと、自分の夢

圧倒的に前者が多いのではないかと思います。

日本は長らく、個性では無く集団の中での調和を重点に置いた教育を行ってきました。

出る杭は打たれる文化です。事なかれ主義と言っても良いでしょう。

(最近は、個性の尊重や個人での稼ぐ力等の情報がネットにあふれているので少しずつ変わってきているのかなとも思いますがまだまだです。)

そんな環境で育っているので、

自分の考えを前面に出して行くという精神文化が形成されていないのです。

「こんなこと言ったら何て言われるか分からないから。」

という理由です。

実名制というのは利点にも欠点にもなり得る

Facebookが超スピードで人々の間に広がった理由は、実名制というルールによるものです。

それまでは2chなどのネット掲示板で匿名による誹謗中傷や殺害予告等のニュースが溢れていたので、

「実名なら変なコトする人はいないだろう。」という安心感のもとに利用者が急増しました。

この実名制ですが、

連絡が途絶えていた旧知の友人と繋がったり、

プライベートで使用する分には非常に有用ですが、

ビジネスの内容や自分の考えを発信し、

拡散したいという用途には致命的な欠点があります。

それが先に述べた「こんなこと言ったら何て言われるか分からないから。」です。

例えば皆さんのタイムラインに広告として、

“今のままの生活で満足ですか?未来を変えるには今しかない!”

というような、ある種煽りにも似た投稿が流れてくるとします。

そして、それを見たあなたは、実は現状不満足で日々悶々としていた。

思わずクリックし、その内容も何度も頷いてしまうような、

まさに自分のモヤモヤを代弁してくれるようなものだったら…

その投稿に、迷わず「イイネ!」を…

 

 

押さないのです。

 

 

押せないのです。

 

 

理由は、

イイネを押したらFacebookで繋がっている友だちに

「○○さんがこの記事にイイネをしました。」と分かるからです。

「こいつこんな記事にイイネして、意識高いな。」

と思われるのがイヤなのです。

Facebookの売りの1つであるシェア機能が拡散を阻害しているのです。

意識高い系は不向き。お笑い系や比較的ライトな話題はイイネしやすい

いかに人の目を気にしながら生きているかということですね。

僕が言いたいのはそれが良い悪いという話では無く、そういう意識があるということを知っておくと何を発信していくのが良いかを決める指針になるということです。

もちろん、そういったニーズが高い人には記事は読まれているのです。

広告やBlogはクリックされているのです。

ですが、拡散しないのです。

それではSNSの最大の武器である「シェアによるレバレッジ」が効かず、

1の投資で1のリターンしか得られないという望まない結果が待っているでしょう。

ただし、年単位で計画を立てて根気よく投稿を続けていくと

ファンは一定数までは増えるでしょう。時間がかかるという事です。

Facebookマーケティングまとめ

Facebookは

  • お笑い系の記事、人探し、人助けなどには絶大な拡散効果を発揮する。
  • 意識高い系、特にお金や起業系の記事は読まれるが拡散はしない。(時間がかかる)

ちなみに、僕の書いたBlog記事で特徴的だったのは

シェアもイイネもされて、PVも伸びたもの

Amazonマーケットプレイスで詐欺にあった話

シェアもイイネも少ないがPVは伸びた(こっそりみんな見ていた)もの

【キャリア官僚⇒AV制作会社広報】カフェ会で出会った面白い人たち

次ページはインスタ!


次のページへ >

-東京読書会コラム
-,

Copyright© 【東京読書会】未来デザイン読書会 , 2018 All Rights Reserved.