プラットフォームの教科書

https://otona-manabi.com

みづきの読書記録

【みづきの読書記録】プラットフォームの教科書【感想】

投稿日:


【 66冊目】

プラットフォームの教科書
#プラットフォームの教科書
#根来龍之

読んだ最初の感想は“難しい”😅

でもこの考え方、今もこれからもとても大事になってくる考え方だなぁと思いました。

特に何かのビジネスをやっている人、やろうと思っている人にとっては必須の考え方だと思います。

プラットフォームとは?

そもそも、プラットフォームとはなにか?

言葉の意味そのものの“土台(基礎部分)”です。

つまり、なにかを動かすための“土台となる環境”のことです。

プラットフォームの特徴として、

  • 多くの顧客(会員、利用者、ユーザー)を有している
  • 環境内に製品やサービスを複数掲げており、追加や変更などの更新が可能である

などがあげられます。

ビジネスの世界でプラットフォームの代表と言われている

Google、Apple、Facebook、Amazonなどが有名ですが、

他にも、

LINEやUBER、Airbnb、メルカリなどもプラットフォーム型のビジネスモデルで成功しています。

2000年を過ぎたあたりから「プラットフォーム戦略」というワードが様々なメディアから発せられるようになり、

ますます“プラットフォーム“の考え方に注目が集まっているように感じます。

“プラットフォームの設定が的を射ていて、かつユニークなものであれば、そこには多くの利用者が集まることになる。”と本書では述べられています。

プラットフォームを制すれば、急速に成長することができ、一人勝ちすることがある。

一方で、一人勝ちが突然くつがえされることもあると本書では述べられています。

このような、プラットフォームのビジネスとしての成立メカニズム、成功原理、特に一人勝ちになりやすい理由、後発企業の挑戦の仕方などについて書かれているのが本書になります。

玩具で見えるプラットフォーム

この本の中でこのプラットフォームの考え方が一番分かりやすく表現されていたのが

“仮面ライダーベルト”についてでした。

最初はベルトだけで変身して敵と戦っていた仮面ライダーでしたが、

仮面ライダーフォーゼでは、変身ベルトに“スイッチ”と呼ばれる部品を差し込むとパンチ力、キック力、ジャンプ力などが変化するという設定になっていました。

ベルトだけでは戦闘能力をアップできない。

スイッチがあってこそ強力な変身ツールとなる。

このように、単独で機能を発揮するのではなく、他のものの存在や利用を前提にしているものがプラットフォームだといいます。

また、同じような玩具に“妖怪ウォッチ”のメダルと時計がありますが、

あれは時計がプラットフォームに見えるが全く違う見方ができるといいます。

それは、メダルの裏には2次元バーコードがついていて、そのバーコードを読み取ることによってニンテンドーDSやゲームセンターのカードゲーム、メダルコレクションサイトなどとつながれるのです。

つまり、一見時計がプラットフォームに見えますが実はメダルがプラットフォームであり、時計は補完製品なのだということが分かります。

p.36 何をプラットフォームと捉えるか。どこにプラットフォームを創り出すチャンスがあるか。どうすればプラットフォームの価値をあげることができるか。その視点と発想がプラットフォーム戦略には重要なのである。

と言います。

プラットフォームの設定が的を射ていて、かつユニークなものであれば、そこには多くの利用者が集まるのです。

なぜ今プラットフォーム戦略が注目されているのか


次のページへ >

-みづきの読書記録
-

Copyright© 【東京読書会】未来デザイン読書会 , 2018 All Rights Reserved.