負ける力

未来デザイン読書会

みづきの読書記録

【みづきの読書記録】負ける力【感想】

更新日:


【210冊目】

負ける力
#負ける力
#藤原和博

仕事でも人生でも、出逢う人と最良の人間関係を築くときに必要だという

“負ける力”

しかし、ただただ相手のことを優先して、相手に全てを任せるという意味でも、勝てないときには妥協するという意味でもありません。

あなたとあなたの出逢う他者の、その違いを認め合った上で、共通のゴールを目指すやり方。

あなたとあなたの出逢う他者がそれぞれ持つ、向きと強さの違うベクトル。

その「ベクトルの和」の関係を築ければ、シナジー効果が生まれて、お互いのエネルギーレベルよりも必ず強いエネルギーが得られるということなのです。

何が何でも自分の言う通りにやらせるとか、自分の目指すベクトルの延長に引き込むものではない。

相手が強いエネルギーを持っていればいるほど、それを合気道のように活かしながら、自分自身が歩み寄って、両者にとって納得のできる道を探し出す方法なのです。

「7つの習慣」という本の中にある第6の習慣「シナジーを創り出す」と同じだなと思いました。

1+1=2、ではなく、1+1=100でも200にでもすることができる。

それに必要な力を藤原さんは、「負ける力」という言葉で表していました。

シナジーを創り出すのに必要なことは、

自分のことを語るのではなく、相手の背後にあるストーリーに耳を傾けて、相手が何を動機づけとして動いているのかを意識すること。

相手のベクトルはどの方向を向いて、どれくらいの強さで出ているのか。その強さの本質は何か。弱みは何か。

それが見えてくれば、あなた自身のベクトルとの対角線上に、シナジー効果を生む「ツボ」が見えてくると言います。

結局は、「7つの習慣」でいう公的成功の部分。

第4の習慣 win-winを考える
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣 シナジー効果を創り出す

これが大切なのだと改めて分かります。

この本では、今まで藤原さんがどのようにしてシナジー効果を生み出してきたか、実例がたくさん載っていますし、これからの構想なども載っていました。

物を生み出すことについて、東日本大震災について、教育について、

さまざまな分野でこの「ベクトルの和」を使っています。

相手と自分の力を最大限に引き出し、真に豊かな人間関係を構築するための「ベクトルの和」。

意識して身につけていきたいなと思いました。

#読書 #読書記録 #本 #一日一冊 #朝活 #朝読書 #instabooks #読書男子 #読書女子#読書会 #アウトプット読書 #ビジネス書 #本好きな人と繋がりたい #読書好きな人と繋がりたい #7つの習慣

 

 

 

 

 

 

フリートークカフェ会はこちら

朝活 東京
【参加費無料】出会いで人生は変わる!東京朝活カフェ会のご案内

僕は、休日の朝活はワークショップ形式の読書会を主催していますが、平日はテーマを設けたフリートーク朝活を主催しています。 <参考>【東京】未来デザイン読書会~ワーク付読書会~ 目次1 どんなテーマで朝活 ...

続きを見る

cafe
【参加費無料】出会いで人生は変わる!東京夜活カフェ会のご案内

僕は、休日の朝活はワークショップ形式の読書会を主催していますが、平日夜はテーマを設けたフリートークカフェ会を主催しています。 <参考>【東京】未来デザイン読書会~ワーク付読書会~ どんなテーマでカフェ ...

続きを見る


-みづきの読書記録
-,

Copyright© 東京でワークショップ型読書会に参加するなら未来デザイン読書会 , 2019 All Rights Reserved.