君に友だちはいらない

ビジネス書

【東京読書会書評】君に友だちはいらない

更新日:


著者:瀧本 哲史
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーで、おもにエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、「日本交通」の再建に携わり、エンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。

友だちはいらないって…(寂しい)

ぼっち

なんとも挑戦的なタイトルのこの「君に友だちはいらない」ですが、何も嫌われ者になろうとか、敵を作る人間こそカッコイイ!とかそういう事を言っているのではありません。

FacebookやTwitterなどのSNSは、(〇〇離れとは言われつつも)多くの人がコミュニケーションツールとして使っていますが、著者の言う「いらない友だち」というのは、ただ単に惰性で付き合い、SNSに自らが投稿した「どこに行った」「何を食べた」などの記事に、記事を読みもせず惰性で「イイネ」を押すような、「吹けば飛ぶような希薄な人間関係の人」というものです。

そういう意味での、「君に友だちはいらない」というタイトルであるという事が読むと分かります。

なぜそんな事をわざわざ本を書いてまで訴えるのか?

グローバル資本主義の広がりにより、あらゆる商品、サービスのコモディティ化(※1)が進む中で、人材のコモディティ化も進んでいるという現実の中で、今までのように単純に会社に勤めているだけでは非常にリスクの高い人生を歩まざるを得ない。

だからこそ、同じ価値観、同じ目的を持ち、それぞれが責任感を持って物事を推進する、「本当の仲間」を作る事がこれからの時代で生き残るためには必要だといっているのです。

※1 コモディティ:もともと「日用品」を意味する言葉だが、経済学では「どのメーカーの製品を買っても大した差が無い、成熟した商品」の事を指す。

僕はメーカーに勤務しているのでよく分かりますが、「メイドインジャパン=高品質」というのはほぼ崩れかけた幻想です。逆に、「メイドインジャパン」を商品アピールの前面に押し出すメーカーは、他にウリが無いという事を宣伝しているようなものなのです。

コモディティ化した製品はその単価がドンドン下がります。

アベノミクス物価上昇を謳い、実際にモノの値段は若干上昇しましたが、それは単なる円安の影響でえり、決して製品やサービスの価値に対して、人々が「高くても買う!」という意識になった結果ではありません。

プレイヤーが多くなり、品質もほとんど変わらないのであれば、安く提供できるメーカーの製品が一番売れるのは当然なのです。

逆に、消費者に価値を提供できることが出来れば「高くても売れる」という事なので、稀にそういう製品が発表され、爆発的ヒットを飛ばすこともあります。

そして、このコモディティ化は人材にも波及してきており、それこそがブラック企業を生む元凶だと言っています。「これ!」と言った強みが無い均一化した人間は安い賃金で扱われるという事なのです。

著者は、この現状に警鐘を鳴らし、僕たちがどういう行動をとるべきか、どうやって、その「本当の仲間」を作れば良いのかという事をこの本で訴えているのです。

本当の仲間とはなんぞや

sevensamurai

著者は、「君に友だちはいらない」の中で、映画「七人の侍」を例としています。

七人の侍とは

1954年に公開された、「世界のクロサワ」こと黒澤明監督の代表作だ。舞台は戦国時代。盗賊と化した野武士集団の度重なる襲撃に怯えて暮らす百姓たちが、対抗手段として7人の侍を雇い入れる。性格も出自もさまざまな7人の侍たちが、「村を守る」という一つの目的のもと、村人ともに野武士たちに壮絶な戦いを挑むというストーリーだ。

七人の侍達は、「白い米の飯」という、命を懸けるには「たったそれだけ」の報酬で、村を守るために命を懸けて野武士に挑みます。

1人1人が「野武士を倒す」という大きな目的のために、決意し、自らの意思で主体的に戦いを挑む。

まさに、同じ目的に向かってそれぞれの責任で行動する「仲間」ではないでしょうか。

この仲間は、お互いを本当に信頼しているという点も「ただ電話帳に名前があるだけの友だち」とは大きく違います。

次のページ⇒君が言うならそうなんだろうという人間関係


次のページへ >

-ビジネス書
-, , , , ,

Copyright© 【東京】未来デザイン読書会 , 2018 All Rights Reserved.