読書会

【読書会のやり方】ネット告知で集客する具体的方法

更新日:


【東京読書会】読書会のやり方がわからない!を解決するたった1つの考え方では、皆さん自身が主催者となり読書会をスタートするための基本的な心得をお伝えしました。

未来デザイン読書会にリピートして参加する方は、「自分でもやってみたい!」というマインドになってくるのですが、「どうやって?」に躓いてしまいます。

そして、一番の難関は「集客」であると異口同音に唱えるのです。

今回は、その集客の部分に特化して、具体的なノウハウについて書いていきたいと思います。

初期コストゼロで始められる集客は告知サイトを使う事

読書会に限らず、自分発信のコミュニティを作るのであれば、やはりインターネットを使った告知が一番簡単で早いです。

現在、ネット上には多数の「告知サイト」が存在しています。

僕の主催する未来デザイン読書会も、今こそホームページからの申込が多数ですが、ホームページ立上げ初期はGoogle検索に引っかかるはずもなく、告知サイトにはお世話になりました。(今も告知は出しています)

多くの告知サイトは主催者登録をし、告知するだけであれば無料で利用する事が出来ます。

どの告知サイトを利用するのが一番効率良く集客できるのか?

何かを始める時に良く口にする言葉、それは「効率」です。

これが実はクセモノで、最初から効率を求める人はほぼ全員が何事も長続きすることはないでしょう。

なぜなら、効率化は、泥臭いトライアンドエラーの先にしか見いだせないスキルだからです。

ですから、僕からお伝えできる、最良の集客効率化は

「あらゆるサイトに告知を出す。」

に尽きます。

ただ、それでも集客力の無いサイトに出してもそれは時間の無駄ですから、代表的なサイトをご紹介します。

ポイントは、Google検索で上位に来るサイトであること

今回紹介するサイトの他にも、検索語句によっては別のサイトが登場する事もあります。

それは皆さんがご自身で見出してくださいね。

ではいきましょう。

こくちーずPro 評価:★★★★★

コクチーズプロ

画像クリックでセミナーサイトへ

 

元々はこくちーずという告知サイトがあり、そこから更に発展させたものがこくちーずPROです。

SEO対策(言葉が分からない人はクリックでWikiへ)もバッチリなのでほとんどの関連用語で検索結果上位に表示されます。登録の仕方や更新も簡単です。

朝活ナビ 評価:★★★★

朝活ナビ

画像クリックでセミナーサイトへ

「朝活」で検索すると検索結果1位に表示されるのが朝活ナビです。

もし皆さんが朝の時間にイベントを主催しようと考えているのなら、集客の大きな力になってくれるのではないでしょうか。

Peatix 評価:★★★

PEATICS

画像クリックでセミナーサイトへ

最近できた告知サイトですが、スマホ向けアプリもあり、まあまあの集客力があります。

ただし、他のサイトとの大きな違いで、僕が唯一不満があるのが、申し込み完了時のアラートメールが飛んでこない事です。

実はこれ結構地味にめんどくさくて、わざわざサイトにアクセスして「今日は申込みがあるかな」と確認しないといけないのです。他のほとんどのサイトは申し込みがあった時点で登録しているメールアドレスに「申し込みがありました。」とメールでお知らせが飛んできます。

また、これも個人的な感想ですが、このサイトからの申込者はドタキャンが多いです。

セミスタイル 評価:★★★

SEMISTYLE

画像クリックでセミナーサイトへ

出来てまだそんなに時間が経ってない告知サイトです。

ですので、登録主催者数も少ないのかなと言う印象ですが、SEO対策はしっかりしているようで、検索数が少ないスモールキーワードではちょいちょい検索結果に顔を出します。

ただし、まだまだサイトの甘かったりするので主催者としては少し使いづらい部分も有り今後の改善に期待です。

 

セミナー情報.com 評価:★★

セミナー情報

画像クリックでセミナーサイトへ

SEOは抜群です。が、主催者登録する際の審査が厳しく、個人では中々登録できません。

運営者に対する問合せに対しても冷たい返答が多い印象です。

法人としてしっかりとしたHPとなんらかのセミナー主催実績があり、主催者登録出来れば主客の力になることは間違いありません。

申込みがあったらすること


次のページへ >

-読書会
-,

Copyright© 【東京読書会】未来デザイン読書会 , 2018 All Rights Reserved.