カフェ会 東京読書会コラム

【キャリア官僚⇒AV制作会社広報】カフェ会で出会った面白い人たち

投稿日:


僕が朝活を始めたのは2016年の12月からだったと思います。

元々、夜の終業後のカフェ会を2015年の1月から(だったはず)始めたのですが、

会社と家の往復だけでは絶対に会えないであろう人々と、

損得抜き・対等な立場でお話しできる「カフェ会」というものの魅力にドンドン取り込まれていきました。

もっといろいろな人と会いたい!

もっと自分の未来の可能性を広げたい!

という思いがさらに強くなり、「朝もやりたい!やろう!」と決めたのです。

子ども3人いるにもかかわらず、(諦めにも近いですが)了承してくれた妻には感謝です。

今日は、僕がカフェ会で出会った、「これだから辞められない!」と思わせてくれた方々ベスト4+審査員(僕)特別賞を発表しようと思います。

なぜカフェ会を始めたのか?

まず、なぜカフェ会を始めたのか?から話させてください。

そんなものいらん!という方は、ここは読み飛ばして頂いてOKです。

主催者紹介にも書きましたが、僕は九州大学を卒業し、一部上場メーカーに就職しました。

就職が決まった時の僕の心境は、「勝ったな」です。

人生安泰だと思いました。

しかし、15年勤める中で、東芝やSHRPなどの他メーカーの勃興を目の前で体感し、「これは勝ち抜け出来ない。」と我が事として徐々に実感していったのです。

3人目の子どもが生まれたタイミングでした。

何とかしなきゃ。

でも、何をしたら良いのか分からない。

ということで、

色々な人と会って話を聞いてみよう!

と考え、セミナーサイトを開いて見たのでした。

そこで「カフェ会」というものの存在を知り、

参加してみて非常に面白かったので

「自分でやった方が自分が会いたい人と会える確率高いんじゃね?」

と思い、すぐに告知を出し始めたのがきっかけでした。

そうして告知開始してみると意外と申し込みがあり、

冒頭にもある「これだから辞められない!」の域にまで達したのでした。

では、ここから、僕が出会った最高の人たちベスト4+1を発表したいと思います!

※ランク付けではなく、「良かった!」が基準です。

1人目 10歳下から言われた「松尾さん、現状維持は衰退ですよ」

10歳下の女子が参加してくれました。Tさんとします。

Tさんは、祖父母も父母も経営者という、経営者一族のもとに生まれ、子どものころから「人に雇われる」という感覚は一切なかったとのこと。

そんな彼女、20代前半の学生時におじいさんの遺産が入ってきたとのこと

Tさん「一生遊んで暮らせる金額でした。」

僕「すごっ!」

彼女は、本気で「一生遊んで暮らそう!」と思ったんだそうです。

それで、実際1年遊んで暮らしたら「これは廃人になる(゜Д゜)」と思い就職したんだとか。

しかし、やはり「雇われの身」はしっくりこず、すぐに退社。

現在は自分のビジネスを興し、積極的に海外に出て海外での口座開設をどんどん進めているとのことでした。

Tさん「ビジネスももう少ししたら人に任せようと思っています。」

さすが経営者の中で育っただけありますね。

オーナーマインドが身についていました。

僕「素晴らしい。勉強になります。」

Tさん「松尾さん、現状維持は衰退ですよ。」

僕「仰る通り!!!!!!!!!!」

10歳下の子からたくさんの学びを頂戴した回でした。

もうすぐ結婚するんですと言っていた彼女。

彼氏は普通のサラリーマンで、「私に感化されたのか投資に興味が出て来たようです」と楽しそうに語っていました。

正直彼氏羨ましいな!と心の底から思いましたね(笑)

その後もちょくちょく連絡取りあったり、お茶したりしています。

昨年お子さんが生まれたとの事。どんな教育をするのか興味津々です。

衰退

水が減る前に移動しないと動けなくなるよ

2人目 中国人富豪相手にビジネス中!警察官だったけど上司と合わないので辞めたナイスミドル


次のページへ >

-カフェ会, 東京読書会コラム
-, ,

Copyright© 【東京読書会】未来デザイン読書会 , 2018 All Rights Reserved.