東京読書会

【現在は過去の積み重ね】未来を創る変化思考とは?

表現力

多くの人が、より良い自分となるために、「変わらないといけない」、「変わりたい」という願望は少なからず持っていると思います。

テレビやセミナー、インターネットで突き抜けた成果を出している人の講演や取材記事などを見たり読んだりすると、

憧れや尊敬と共に「もし自分がこういう人になったら」という妄想をすることってありませんか?

僕は結構あるんですよ。

ですが、たいていの人がそれを口に出す事をせず、心の中にしまいこみます。

なぜでしょうか?

それは、自分には無理、出来ないと思ってしまっているし、むしろそちらの方を口に出す方が楽だからです。

「前、こんな人の話を聞いたんだけどすごかった。自分たちとは違うよね。すごいけど無理だわ。」

と言った方が、周りも「そうそう」という同調意見が多いでしょう。

なぜなら、あなたがそういうレベルのツルミにどっぷり浸かっているからです。

だからいつまでも現状不満足のままなのです。

変わりたければ、「自分も出来る!」「やりきる!」というツルミに変える必要があります。

しかし、急激な変化はかなりのストレスになります

今日お伝えするのは、時間を味方につけ、変化のストレスを極限まで減らしつつも目標を達成するための考え方です。

それは、1°の変化とリセット思考です。

続きを読む

アウトプット朝活こそが1日のスタートにドライブをかける明確な理由

決意表明

 

以前、朝活カフェ読書会のメリットを書きましたが、

これは表面的なメリットでありもっとも重要な事を伝えることが出来ていませんでした。

ではその時になぜ書かなかったのかというと、その時には単純にそこに気付いていなかったからです。

参考:休日×朝活×カフェ×読書会がメリットしかない5つの理由

未来デザイン読書会では、初参加の方には終了後にアンケートを書いてもらいます。

幸いなことに、「非常に満足した」と書いて下さる方が9割近くなので、主催者として次回の開催に向けた大きなモチベーションとなります。

そのアンケートの個別のコメントを読むと、

「朝からたくさんのアウトプット、インプットが出来ました。今日1日楽しく過ごせそうです!」

というものが多いという事に気付きました。

参考:【参加者の声】未来デザイン読書会は満足度9割以上!

 

そう、アウトプットすることで、本人はその言葉を自分も聞いていますので、自然とモチベーションが上がった状態になるのです。

 

もっと言うと、ただのアウトプットではだめで、「未来に向かう事」「前向きな事」をアウトプットすることが最も大事なのです。

続きを読む

【東京読書会】ビジネス書を読む最も効果的なタイミングを考えてみた

タイミング

小説、エッセイ、ミステリー、ホラー、自己啓発…

色々なジャンルの本があると思います。

僕は子供のころから本が好き(漫画含めて)で今も自宅の本棚にはたくさんの本が並んでいます。

本棚に並んでいる本を見るだけでも楽しい気分になります。

本のジャンル

どんなジャンルの本が好きですか?

幸い妻も読書は好きな方なので本だけはいくら買っても文句を言われたことはありません。

自分の読書歴を振り返ってみると、自分が読書好きになったきっかけは

那須正幹さんの書いた「ずっこけ三人組シリーズ」だったのかなと思います。

なんとなく検索してみたらなんとHPがありました。➡それいけ!ずっこけ三人組ホームページ(外部リンク)

読み始めたのは小学3年生くらいからでしょうか。

新刊が出るのが待ち遠しかったですね。 続きを読む

【東京読書会ワーク】AI時代の人生戦略を考える

AI

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

 

これは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の言葉です。

参考記事:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(外部リンク)

続きを読む

【東京読書会】アイデアは異業種間の意見交換から生まれる

異業種交流

社会人勉強会の隠れたメリット

社会人になって社外の勉強会に参加する動機は自己研鑚が一番にあがると思います。

実際会社や家といった日常から離れて勉強することで集中して知識習得できます。

しかし、実は隠れたメリットとして、様々な業種業態の方と意見交換する事が出来るという事があります。

当たり前の事なのですが、これが中々侮れません。

捉え方によってはこの異業種間の意見交換が実は一番得るものが多いという事になるのです。

<関連記事>

【東京読書会コラム】社会人勉強会は対話式が良いって本当ですか?

【東京読書会】僕が社会人勉強会デビューの第1歩に読書会を推す理由 続きを読む

目標達成のために必要な4つの「捨てる」という考え方

現状維持

未来を変えるためには行動を、行動を変えるには価値観を、価値観を変えるならコミュニティーを変える。

カフェ会や読書会を主催して実感するのは、「現状打破したい!」「未来を変えたい!」という人は沢山いて、どうにかしたいともがいているということです。
僕が主催・運営するコミュニティにも、継続参加する人はもちろん、毎回新しい参加申し込みがあります。
ですが残念なことにそこから更に一歩踏み出し、自ら仕掛ける側に回っていこうという人はホンの一割にも満たないということにも気付くのです。
現状打破にしろ、未来を変えるにしろ行動しなければただの願望で終わるのは言われなくても分かるはずなのに、なぜ多くの人が結局現状維持に落ち着いてしまうのはなぜなんでしょうか。
それは、コンフォートゾーンを広げる勇気がないからなんだろうなと思います。
そして、その勇気が持てないのは、圧倒的に知識が足りないからなのです。
残念ながら、文科省が定めた画一的なカリキュラムに則った学校教育ではその方法は教えてくれません。
自ら考え、動かなければそのヒントを見つけることは出来ないのです。

続きを読む

社会人勉強会を主催して気付く1つの真実

学ぶことは楽しい

それは、学ぶことは楽しい!ということ

勉強 楽しい皆さん、学生の頃勉強は好きでしたか?やっていて、楽しくてたまらなかったですか?

僕は、勉強自体は嫌いでは無かったですが、楽しかったかと言われるとそうではありませんでした。

単なる受験の道具としてのお勉強でした。そんな感じだったので、社会人になってからは仕事に必要なことは学ぶけれど、別にそれも楽しいからではなく、「必要だから」という理由で、それ以外に社外で勉強会に出るなどは全く考えたこともありませんでした。

ですが、今自分で読書会を主催して分かったことがあります。

純粋に自分のためにやると、「自分で」気付いて学ぶ勉強はとても楽しいという事でした。  続きを読む

【インプット⇔アウトプット】朝活で情報発信すると良い情報が集まる理由

asakatsu

朝活でインプットしたことをアウトプットする事で僕の知識に厚みが増す

朝活は、色々な人の経験談や知識を飲み物一杯分の料金で聞くことが出来るかなりコスパの良い活動です。僕は朝活でたくさんの人と会い、沢山の話を聞き、次の朝活では新しい参加者に「こんな考え方を学びました。勉強になりますよね!自分はこれを聞いて自分の行動をこういう風に修正しました。」というアウトプットを行います。

するとどうなるか?

参加者は僕から価値を受け取ることが出来るので、参加者も積極的に自らの知識や経験を話してくれるようになるので。

情報発信者になると、自分が欲しいと思っている情報が自然と集まってくるんですね。

これは最高のループです。

皆さんも是非、未来を創るために今を変える朝活に参加してみませんか?

休日×朝活×カフェ×読書会が良い関係だという5つの理由

朝活やるとためになる話が聞けてラッキー♪

僕が主催している朝活(カフェ会、読書会)には色々な職種・業種の人が参加してくれます。

サラリーマンもいれば、すでに起業している人も。

サラリーマンの方の参加動機はやはり現状打破といった理由だったり、会社と家の往復だけなので、色々な人と交流したいといったライトな理由の半々でしょうか。

起業している方は、自分のビジネスの更なる進化のヒントを探しに来たり、新しいビジネスの芽を探しに来たりと、現状打破というよりは、「前進」という理由が多いですね。

自分自身がサラリーマンとして過ごしてきたこの10年ちょっとの期間で出会った人たちと、「外に出る」という活動を始めて約3年間で出会った人たち、圧倒的に後者の方がバラエティに富んでいて、色々な経験談が聞けるのですごくワクワクする日々を送れています。 続きを読む

未来デザイン読書会のワークを終えると少し自信がつく理由

believe

ワークショップが終わるとちょっと自分に自信がつく

未来デザイン読書会のワークは行動の断捨離をしたり、自分の強みを発見したり、強みを実際にどうビジネス化するのかをみんなで考えたりというものです。

毎週のように色々な方のワークを見て、終わった後の感想を聞くと、大抵の方が「自分では気付かなかったことが気付けて良かった。何かやってみようと思う。」という声が多いです。

「ただの趣味・特技だと思っていたものでお金を稼げるんだ!」と気づいた時、ちょっとだけ今の自分に自信がつきます。0(ゼロ)の自分を1(イチ)の自分にステップアップする勇気が湧いてくるのです。

続きを読む