最高のリーダーは何もしない

『最高のリーダーは何もしない』は近年最高の”なるほどポイント”満載本だった!(松尾基準)

著者の藤沢久美さんは日本初の投資信託評価会社を起業し、スタンダード&プアーズに同社を売却。その後も様々な経歴を重ね、2007年にはダボス会議(世界経済フォーラム)で「ヤング・グローバル・リーダー」に、2008年には「グローバル・アジェンダ・カウンシル」に選出されるなど、現在も大活躍されている方です。

ヤンググローバルリーダーとは

世界経済フォーラムは2005年、「Global Leaders of Tomorrow」(次世代のグローバル・リーダー)の後継としてヤング・グローバル・リーダーズのコミュニティを立ち上げた。このコミュニティには、多種多様な専門分野やセクターに携わる40歳以下のリーダーが世界中から集まっている。ヤング・グローバル・リーダーズは「2030年イニシアティブ」、すなわち2030年に世界がどうあってほしいかというビジョンへの到達方法を定めた行動計画の策定に取り組んでいる。(Wikipediaより)

この本は、藤沢久美さんが色々なグローバルリーダーにインタビューを行い、その結果から導き出した、今、現在求められているリーダー像とは何か?本物のリーダーシップとは何かを本当に明確に纏めてくれている本です。

僕は常日頃リーダーシップやそれに必要とされるビジョンについて考えることが多いのですが、「こんな感じでで、こういう所を目指さないといけないんだろうな。」と思っていたことがズバリ書いてあったことが、僕の共感神経(勝手に作りました)を大いに刺激したのでした。

お薦めです!!!! 続きを読む