ワークショップ

【東京読書会ワーク】AI時代の人生戦略を考える

AI

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

 

これは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の言葉です。

参考記事:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(外部リンク)

続きを読む

【東京読書会書評】GRIT(やり抜く力)を身につけることが目標達成への最短距離

GRIT

結果を出すために必要なのは才能よりもGRIT(やり抜く力)だ!

最近話題のGRIT(アンジェラ・ダックワース)ですが、僕がこの「GRIT」という言葉に出会ったのは、TEDというプレゼンテーションでした。TEDは色々な分野のトップランナーの方が自らの経験や知識を発表する、とてもエキサイティングなプレゼンテーションです。時間のある時に見てみて下さい。

TED日本語版はこちら!(クリックでTEDにジャンプ)

さて、そのTEDで1年くらい前にこのGRITについてプレゼンテーションをしていたのが、著者であるアンジェラ・ダックワースでした。僕はこのプレゼンを聞いて何度も頷いた(共感ポイント多数!)ので、書店でこのタイトルと著者名を見た時、即時購入しました。 続きを読む

未来デザイン読書会のワークを終えると少し自信がつく理由

believe

ワークショップが終わるとちょっと自分に自信がつく

未来デザイン読書会のワークは行動の断捨離をしたり、自分の強みを発見したり、強みを実際にどうビジネス化するのかをみんなで考えたりというものです。

毎週のように色々な方のワークを見て、終わった後の感想を聞くと、大抵の方が「自分では気付かなかったことが気付けて良かった。何かやってみようと思う。」という声が多いです。

「ただの趣味・特技だと思っていたものでお金を稼げるんだ!」と気づいた時、ちょっとだけ今の自分に自信がつきます。0(ゼロ)の自分を1(イチ)の自分にステップアップする勇気が湧いてくるのです。

続きを読む