サイモンシネックス

目標設定と実際の行動は川を泳いで渡る事に似ている?

よく部活動や会社の目標設定で、高い目標設定を求められることがあります。

なぜ設定する目標は高い目標でなければならないのでしょうか。

僕には、この「なぜ」を説明してくれる指導者、先輩って中々いませんでした。

最近はサイモンシネックスのゴールデンサークルにかなり共感して何度も見直していますが、

行動の動機には「なぜ」を明らかにすることが絶対に必要なのだと思っています。

さて、本来のゴールを達成するためには、なぜより高い目標を設定する必要があるのかの話に戻ります。

この目標設定ですが、今の自分の力量と比較して、あまり高すぎる目標とゴールの時期を設定しても、まさに絵に描いた餅になります。

ちょっと無理して達成できる目標を本来の目標と置きつつも、それより更に頑張って達成できる目標を念頭に行動計画を立てると良いかと思います。

この辺は、半年半歩の考え方として、【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学に描いていますので読んでください。

ではまいりましょう! 続きを読む

【説得と納得】人が行動を起こし継続するための大原則とは

【東京読書会書評】最高のリーダーは何もしないはリーダーのバイブルに成り得る!

人が何かを始める時、行動するきっかけは、2種類に分かれるでしょう。

それは、説得か、納得かの2種類です。

今日は、説得と納得、この2つのきっかけについて考えてみます。

例えば、今まで勉強していなかった子どもが何の理由もなくいきなり今日から勉強しだすことはありません。

親に滅茶苦茶怒られ、勉強しろと説得されたから勉強を始めるのか。

本を読んだり、テレビを見たり、友達の夢を聞いて「自分もそうなりたい!そのために今すべきことは勉強だ!」と納得して勉強を始めるのか。

どちらが長続きするのか、わかりますよね。

人が行動を開始して、しかもそれを継続できる要素には、「納得」が絶対に必要なのです。

説得されて始めた事でも、やっているうちに納得感が生まれたら継続することが出来るでしょう。

ただし、説得されて納得に至る前にはもう一つステップがあることを知らないといけません。

それは、「共感」なんです。

納得

続きを読む