やらない決意

目標設定と実際の行動は川を泳いで渡る事に似ている?

よく部活動や会社の目標設定で、高い目標設定を求められることがあります。

なぜ設定する目標は高い目標でなければならないのでしょうか。

僕には、この「なぜ」を説明してくれる指導者、先輩って中々いませんでした。

最近はサイモンシネックスのゴールデンサークルにかなり共感して何度も見直していますが、

行動の動機には「なぜ」を明らかにすることが絶対に必要なのだと思っています。

さて、本来のゴールを達成するためには、なぜより高い目標を設定する必要があるのかの話に戻ります。

この目標設定ですが、今の自分の力量と比較して、あまり高すぎる目標とゴールの時期を設定しても、まさに絵に描いた餅になります。

ちょっと無理して達成できる目標を本来の目標と置きつつも、それより更に頑張って達成できる目標を念頭に行動計画を立てると良いかと思います。

この辺は、半年半歩の考え方として、【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学に描いていますので読んでください。

ではまいりましょう! 続きを読む

ビジネス意識を高めたい人が見るべき動画6選

ジョブズ

今日は、僕が見て「これは良い!かなりモチベーション上がる!」と心から感じた動画を皆さんを紹介します。

もし皆さんが、

「自分で稼ぐ力を付けたい」

「会社の中でパフォーマンスを上げたい。」

「スキルアップしたい。」

と思っていても中々出来ていないと思ったら是非見て下さい。

あなたに何が足りないかがよく分かるでしょう。

続きを読む

目標達成のために絶対に必要なマインドセットとは!?

原因と結果の法則

未来デザイン読書会の、「やらない決意ワーク」では、行動の断舎利を行い、未来のために行動する「自分自身のための」時間を創るというワークを行います。

僕は、やらない決意を読んでから徹底的に行動の断舎利を行い、下記のように『未来のための自分時間』を創っています。

参考:【東京読書会ワーク】未来のためにやるべきことを明確にする「やらない決意」

今回は、時間を創ることを起点として、目標設定と達成マインドについて考えていきましょう。

1週間を8日にして回数券購入特典を得る方法とは!?特典回数券

回数券特典!?1週間を8日にする?何を言っているんだろうこの人は。

と言わず、まあ聞いてください。

僕が言いたいのは、無駄な時間を削ると1週間で1日分の時間が生まれますよという事なのです。

僕が自分のために使おう!と決めて、実際に行動に落とし込んでいる時間管理は以下のような感じです。 続きを読む

行動する勇気を手に入れるたった1つの方法と時間の作り方

未来への階段

自分の人生を変えるためには、以下のステップが有効だと僕は信じて自分の行動に落とし込んでいます。

1.本を読んで知識を付ける

2.さらに知識を付けるためにセミナーや勉強会に参加する

3.知識が付くと知恵が磨かれ、自信が付き、勇気が出る

4.人生の目標を設定する

5.目標を達成するためのロードマップを書き出す

6.目標達成のために、「今」に全力を出す。

この6ステップの大事な事は、目標を決めるまでは行動の積上げで良いのですが、目標を決めたら「目標から逆算して今何をすべきか」に行動のやり方を変える事です。

関連記事

行動を継続して目標を達成するために必要な3ステップとは

 

このステップを実践するときに邪魔をするのが、以下の「ないないマインド」(僕の造語)です。

何かを始める時、それを辞める言い訳としては

・時間が無い暇がない

・勇気がない自信がない

というものがあると思います。

 

この2つの「ないない」状態を打破するための考えを今日は書きます。

続きを読む

目標達成のために必要な4つの「捨てる」という考え方

現状維持

未来を変えるためには行動を、行動を変えるには価値観を、価値観を変えるならコミュニティーを変える。

カフェ会や読書会を主催して実感するのは、「現状打破したい!」「未来を変えたい!」という人は沢山いて、どうにかしたいともがいているということです。
僕が主催・運営するコミュニティにも、継続参加する人はもちろん、毎回新しい参加申し込みがあります。
ですが残念なことにそこから更に一歩踏み出し、自ら仕掛ける側に回っていこうという人はホンの一割にも満たないということにも気付くのです。
現状打破にしろ、未来を変えるにしろ行動しなければただの願望で終わるのは言われなくても分かるはずなのに、なぜ多くの人が結局現状維持に落ち着いてしまうのはなぜなんでしょうか。
それは、コンフォートゾーンを広げる勇気がないからなんだろうなと思います。
そして、その勇気が持てないのは、圧倒的に知識が足りないからなのです。
残念ながら、文科省が定めた画一的なカリキュラムに則った学校教育ではその方法は教えてくれません。
自ら考え、動かなければそのヒントを見つけることは出来ないのです。

続きを読む

行動を継続して目標を達成するために必要な3ステップとは

成功への階段

継続する人とすぐ辞める人の差はどこにあるのか?

結果を出している人(ここでは起業で成功したり、独立して個人事業主として継続的に成果を出し続けている人と定義します)の講演や著書を読んで気付いたことがあります。

それは

「結果だけを見て憧れで行動を起こす人間はすぐ辞める。」という事です。

ある会社に難関大学を出て、人事からは将来はヨーロッパ駐在とか言われて入社してきた新人がいました。

彼は地味な仕事は一切しませんでした。先輩社員のいう事にメモを取ることもせず、横柄な態度を取る。

口癖は「3年後にはヨーロッパ行くので。」でした。

3年たち、彼が人事から言われた言葉は、「日本でもちゃんと仕事出来ない人は駐在は無理だよ。」というものでした。

彼は絶望しましたが取り返しはつきません。

彼は、「ヨーロッパに駐在し、名だたる企業の役員に対し素晴らしいプレゼンテーションをするなど大活躍している自分。」という”結果”だけを見て、そこに至るまでに必要な、周囲からの信頼とそこからくる推薦を獲得するための「やるべきことをしっかりコツコツやる」という事を怠ったのです。

結果だけを見て憧れで行動を起こす人間は、過程の重要性に気付かない(もしくは目を背けている)ので、実際に行動を起こしたとしてもすぎに結果を求めるため「こんなはずじゃなかった。」とか「やっぱりこれはやりたいコトでは無いんだ。」という言い訳と共に行動を継続することを止めてしまいます。そして、それだけなら良いのですが、往々にして、そういう人たちはその原因を外部に求めるため環境や他人のせいにして自尊心を保とうとするのです。 続きを読む

やらない決意ワークをやると自分の価値観が明確化できる理由

やらない決意ワーク

実は価値観が明確になるワークだった!

これは、僕自身新しい発見だったのですが、「やらない決意」と「結局すぐやる人が全てを手に入れる」をミックスした、「【東京読書会ワーク】未来のためにやるべきことを明確にする「やらない決意」をやってみると、面白いことにその人の考え方の癖が浮き彫りになってきます。それは、もっと深掘りすると今までぼんやりとイメージ出来ていた「自分はこんな感じかなぁ」という自分の価値観がより具体的にイメージできるようになります。 続きを読む

この東京読書会は何を目指しているのか?について

決意表明

この読書会をどこに導きたいのか

未来デザイン読書会を立ち上げてからまだ2ヶ月程度です。
パラパラと参加申し込みも入るようになってきました。
なんのために読書会を主催しているのかは、詳しくは別記事にも記載したのでそちらを読んで頂ければなと思いますが、大まかに言うと、自身のアウトプット能力向上と、人脈形成です。 続きを読む

【東京読書会ワーク】未来のためにやるべきことを明確にする「やらない決意」

やらない決意

相反するタイトルの本から導き出される答えとは

 

やらない決意」と「結局すぐやる人が全てを手に入れる」この二つの本。

タイトルだけ見ると全く正反対の事を言っているように見えます。

ですが、読み解いていくと、どちらも同じことを言っているのだと気付きます。 続きを読む

【東京読書会書評】「やらない決意」を読んで成功のための断捨離をしよう

やらない決意

まずはやらないことを決めて取り除くことから始まる。

やらない決意」は、成功に近づくためにはまずは自分の生活の中で不要だと思っているものを捨てることが大事だよということを説いている本です。人には「意志エネルギー」というものがあり、その総量は会社の社長だろうが一般会社員だろうが同じなので、自分がやりたいことに「意志エネルギー」を”一点集中”することが成功(達成)への第一歩だということです。

僕は、意志エネルギーの総量云々は分かりませんが、自分の5年後10年後どうなりたいかをしっかりイメージし、行動を継続していれば、その「不要なモノを捨てる」という、ある種断捨離に近い考え方に自然となっていくと思っていますし、実際この2年あまりでそうなることが出来ました。自分自身が、この自分の変化に結構驚いています。ずっと続けていた習慣(と呼べるか分かりませんが)を捨てて、全く違う行動パターンになっています。

ですので、この本に書いてあることは、本当にすっと自分の中に入ってきました。 続きを読む