【東京読書会ワーク】藤原先生、これからの働き方について教えてください

藤原先生これからの働き方について教えてください。

その1:藤原先生これからの働き方について教えてください。より

開催会によって扱う題材は異なりますので、是非一通り体験してみて下さいね。

(1)自分の仕事の付加価値を計算する

あなたの仕事、時給はいくらでしょうか?おおよその年間労働時間と年収から自分の「時給」を計算してみましょう。実際計算してみると、アルバイトと同じくらいの時給しかなかったということに気付くかもしれませんよ。

本から抜粋

あなたの仕事を測るのは、「年収」ではなく「時給」です。

時間当たりに生み出す付加価値の量で比べないと仕事の効率が見えてきません。

(2)情報編集力を鍛える(当たり前だと思っていることをもう一度疑ってみる)

喪服はどうして黒なのか?の例題を解説し、情報編集力とは何なのかをインプットします。その後、別の例題を元に、参加者それぞれでワークを行います。ワーク終了後、自身が書き出した内容をシェアします。1人で考えていては出てこなかったアイディアを聞けると思います。

(3)ブレインストーミングで情報修正力を鍛える

例題:世の中にはないコップの使い方を考えよう。

これは、本の中に紹介されている例題なので、未来デザイン読書会当日は別の例題を考えてきます。

ブレストの注意事項!

・ほかの人のアイディアを否定しないこと!

・バカな案でも積極的に発言すること!

このワークからは、今あるモノの、世の中にはない使い方、提案の仕方を考える力を養うきっかけが得られます。

(4)人生のエネルギーカーブを描いてみよう

参加者それぞれの今までの人生の棚卸を行い、これからの人生どうやって生きていきたいかを考えます。

本書の中にはほかにもいろいろなワークがありますので、自分でもやってみたらよいと思います。

 

東京未来デザイン読書会へのスケジュール確認と申し込みは、やる気スイッチをクリック!

やる気スイッチ


無料 ワークシートダウンロード

こちらは「やらない事を書き出しすぐやることを決める」と、「ファイブフォーカスで自分の強みを書き出す」ワークシートダウンロードページです。

下記に従ってやってみて下さい。付箋紙を使うとより効果的です。

「やらない事を書き出しすぐやることを決める」

  1. 自分が普段の生活の中で無駄だ、やりたくないと考えていることを書き出す。

  2. それぞれのやりたくない事についていつまでに辞めるかを決める。

  3. 辞めるものが決まったら空き時間が出来るはずなので、その空き時間でやりたいことを書き出す。


「ファイブフォーカス」

ガイドに従い、1項目につき20個書き出すつもりで一生懸命考える!

ワークシートをダウンロード

SNSでもご購読できます。

facebookページにご参加ください

人気記事はこちら

コメントを残す

*