30代で決める事・やるべき事。シンプルな4つの行動指針。

  • Pocket
  • LINEで送る

20代のうちにやって良かった事・やっておけば良かった事では、僕なりの20代の振り返りを書きました。

それは

  1. 仕事に全力を尽くす:サラリーマンだろうが、自営業だろうが。
  2. 貯金:いつでも行動を起こせるような資金を貯めよう。
  3. 勉強:資格でも良いし、趣味でも良い。情熱を持てることに自分の時間を投資しよう。
  4. 目標設定:大雑把でも良い、5年後、10年後の目標設定をしよう。

というものでした。

僕は今年39歳になります。来年で40歳です。
35歳の時に、「このままでは人生ジリ貧かも!?」と危機感を覚え、人生のリスクヘッジをしなければ!と行動してきました。
その中で、30代はこういう考え方で突き進むのが良いかなという気付きがあったので、今日はそれを皆さんに共有したいと思います。

それは、

  1. 選ぶ
  2. 決める
  3. 突き進む
  4. 固める

の4つです。

30代の生き方で残りの一生が決まるかも?

何事も、始めるのに遅すぎるという事もないし、早く始めたら必ず勝つというものでもありません。

ですが、これだけは言えます。

正しい努力を継続できた人間には必ずどこかで爆発的な成果が返ってくる!

僕自身、今まで行動してきたの振り返ると、自分で言うのもなんですが、継続力はある方だなと実感しています。

20代でがむしゃらに会社の仕事に打ち込み、「仕事の進め方」というものを学びつつも、会社の理不尽さというものも目にしてきました。

「20代の社会人生活、プラスとマイナス、どちらが多かった?」と聞かれると、多分プラスです。

200点プラスで、150点マイナスという感じでしょうか。

30代は、この200点のプラスと150点のマイナスを全て棚卸し、40代以降の人生を急激に上昇させる10年だと思います。

今後の生き方を選ぶ。決断

僕は、とある講演会で、スピーカーの方が発した一つの言葉にとても強い衝撃を受けました。

自分が30歳になった時に決めた事、それは、40歳を迎え、30代を振り返った時に「この30代1ミリも後悔していない」と言い切ることだ。

めちゃくちゃかっこよかったです。

自分の中に火が着いた瞬間でした。

自分も40歳になった時に30代を振り返って1ミリも後悔しないようにチャレンジしよう!

あなたが従業員として生きているなら、30代は仕事の責任も大きくなり、部下もついてきたタイミングではないでしょうか。

良く世間では「30代は働き盛り」だと言われますが、その言葉の捉え方で決める方向が大きく変わります。

会社で出世することを目指すなら会社のために一生懸命頑張るという事も良いでしょう。

しかし、終身雇用と言う言葉が過去の遺物となった今、会社だけに頼る事は非常にリスクが高いという事も分かっているはずです。

ですから、「30代は働き盛り」と言う言葉、その言葉に、”会社のための”という余計な修飾語を付けず、自分の残りの人生のためにこの10年死ぬ気で頑張る!という捉え方をすると良いと思います。

僕が人生のリスクヘッジとは何かという事を考えて行きついた答え、決めた答えは、「自分の名前」で稼げるようになる!という事でした。

もしあなたが自営業者や社長でしたら、これからその事業を更に伸ばしていかなければいけません。

ここで決める事は、この事業は本当に自分の人生を豊かにし「続ける」のかという事だけでしょう。

自立して、5年以上継続してお金を稼いでいる人はその他の事は出来ていると思うからです。

サラリーマンにしろ自営業者にしろ、今後の生き方を決める手段を貪欲に探し、吟味し、どれを取るか選ぶのは、経験と知識が身についてきた30代が最適なタイミングなのです。

あなたはどんな30代の過ごし方を選び、どんな40歳を迎えたいですか?

選んだ生き方を達成する手段を決めよう

目的目標手段20代で目標設定をやるべきと言いましたが、多分ボヤっとした目標しか立てられない人の方が圧倒的に多いです。

そして、ガチッとした目標を立てた20代も、30代になって振り返りを行う事で修正が加わるでしょう。

20代の時に一生懸命働いた!という条件付きではありますが、

30代は、その今までの経験を踏まえてしっかりした人生の目標設定をするタイミングなのです。

その目標を達成するためには、手段と、個人の努力が必要不可欠です。

そして、その手段にはどうしても経済的に有利になるものを選ばないといけないということに、明確に気付くでしょう。

世の中お金だけが全てではありませんが、お金で解決できることがほとんどだという事に目を背けてはいけません。

インターネットがこれだけ拡がった現在、個人で何かを始める事のハードルは大きく下がりました。

その代わり、有象無象の情報の中から本当に正しいものを選び出すスキルの重要性もよく言われますね。

最後に決めるのは直感(参考記事:【東京読書会書評】大局観(出口治明)からリーダーシップを学ぶ)ですが、

大事な事はたった一つ。

何をやるにしても、それは自分で決めて、自分の責任で始めたのだから他人や環境のせいにしないとしっかり腹に落とし込む事です。

 

手段を決めたらまずは行動。そして突き進む!

行動を起こす生き方を選び、手段を決める。

ここまでの作業は誰にでもできることです。

これからどう生きたいかと悩み、これがやれたらいいな。と考える人は沢山います。

ですが、現状維持という最高のコンフォートゾーンから抜け出したり、それを拡げるチャレンジをすることは非常にエネルギーがいることなのです。

手段を決めて、そこから少しでも何かを得るためには、まずは行動を起こす事です。【東京読書会書評】結局すぐやる人が全てを手に入れるを読んで10秒で行動に移す自分になる①にも書きましたが、自分で決めて自分で行動するのですから、自分の決裁者は自分であるという事を認識しましょう。

失敗しても良いじゃないですか、周囲に迷惑をかけるような手段を選ばない限り、死にはしませんから(そんな手段選んじゃいけない)、

まずやってみる!

そして突き進む!

修正は走りながら!

という事を心がけましょう。

長期的視点に基づき、選んだ手段をこれからの人生の基盤の1つにしよう

継続は力あなたの人生をどういうものにしたいのかを考え、手段を選び、決めた後は、その手段が簡単に崩れるようなものであってはいけません。

その手段で大成功した人がいるかもしれませんが、あなたはまだ何も成し遂げてはいないのです。

結果だけ見て、今の努力を怠る人に成功者はいません。

成功した人はすべからく努力して、その基盤を固めた人だという事を絶対に忘れてはいけません。

会社のプロジェクトや自営のビジネスを一生懸命やってきたビジネスマンはよく分かっていると思いますが、そのビジネスを軌道に乗せ、収益が上がるようになるまでが一番大変で時間も労力も使います。それは、個人のビジネスでも同じことなのです。

楽しいのは計画を練っているときですね。夢が広がりますから。

夢を語ることはモチベーションにもつながりますからそれはそれで大事です。

肝は、全体を俯瞰してみて、どこに一番力をかけなければその目標を達成できないかをしっかりと理解する事です。

そういう考え方が出来るようになると、長期的視点で物事を考えるようになるので地味な努力も出来るようになります。

努力を継続するためにはやはり「なぜ今これをやらなければならないのか。」という理由をしっかりと理解することが必要なのです。

そこまで自分の中に落とし込めたら、選んだ手段が最初は細いロープだったのが5年後には梯子になり、10年後にはコンクリートの階段に化けているでしょう。

これが、「固める」ということなのです。

関連記事:【東京読書会書評】GRIT(やり抜く力)を身につけることが目標達成への最短距離

 

未来デザイン読書会やフリートークカフェ会は、0を1にする考え方を伝え、あなたの未来予想図を描くお手伝いをしています。

このままでいいのかモヤモヤする。

みんな大丈夫だと思っているんだろうか?

将来が不安だ、日本はどうなる?

年金はもらえるの?

みんな思っていても口に出す事はしません。だからあなたは悩み続けている。

ですが僕が提供するこの読書会やカフェ会ではみんながそんな不安やモヤモヤを口に出して語り合います。

ちょっとだけ前に踏み出す勇気がもらえると思いますよ。

 

東京未来デザイン読書会へのスケジュール確認と申し込みは、やる気スイッチをクリック!

やる気スイッチ

 

フリートークカフェ会はこちら

朝活:【東京】出会いで人生は変わる!朝活カフェ会のご案内

夜活:【夜活】出会いで人生は変わる!夜活カフェ会のご案内

 


無料 ワークシートダウンロード

こちらは「やらない事を書き出しすぐやることを決める」と、「ファイブフォーカスで自分の強みを書き出す」ワークシートダウンロードページです。

下記に従ってやってみて下さい。付箋紙を使うとより効果的です。

「やらない事を書き出しすぐやることを決める」

  1. 自分が普段の生活の中で無駄だ、やりたくないと考えていることを書き出す。

  2. それぞれのやりたくない事についていつまでに辞めるかを決める。

  3. 辞めるものが決まったら空き時間が出来るはずなので、その空き時間でやりたいことを書き出す。


「ファイブフォーカス」

ガイドに従い、1項目につき20個書き出すつもりで一生懸命考える!

ワークシートをダウンロード

SNSでもご購読できます。

facebookページにご参加ください

人気記事はこちら

コメントを残す

*