目標設定

【結構使ってる?】使い方次第で自己成長を止めてしまう言葉とは?

走りながら考える

使い方次第で自己成長を阻害する、むしろ完全に止めてしまう言葉があります。

それは、”等身大”と”マイペース”です。

僕は読書会やカフェ会で色々な人に会って話をしてきましたが、「今」何もやらない理由を述べる中でこの言葉を使う人は5年たっても何も始めていない確率が高いと思っています。それは結局、なんだかんだ言いながら現状に満足しているからだろうと思うのですが、その期間、自己成長というのはほぼ無いでしょう。

僕がカフェ会で出会った10歳下の女性に言われた言葉があります。

現状維持は衰退です。

その時、まさに聞いた瞬間は、確かにその通り!という返しをしましたが漠然としかその言葉の意味を実は捉えていませんでした。

ですが、今は明確に言語化出来ます。

現状維持で満足している人は、現状維持で満足している人しか周りにいないため衰退していることに気付かない。

しかし一歩外に出て気付く。

自分が現状維持している間に周りは成長しており、”相対的に”衰退していたという結果が突きつけられていることに。

それに気づいた時の言い訳として出てくるのが、”等身大”と”マイペース”なんです。 続きを読む

【現在は過去の積み重ね】未来を創る変化思考とは?

表現力

多くの人が、より良い自分となるために、「変わらないといけない」、「変わりたい」という願望は少なからず持っていると思います。

テレビやセミナー、インターネットで突き抜けた成果を出している人の講演や取材記事などを見たり読んだりすると、

憧れや尊敬と共に「もし自分がこういう人になったら」という妄想をすることってありませんか?

僕は結構あるんですよ。

ですが、たいていの人がそれを口に出す事をせず、心の中にしまいこみます。

なぜでしょうか?

それは、自分には無理、出来ないと思ってしまっているし、むしろそちらの方を口に出す方が楽だからです。

「前、こんな人の話を聞いたんだけどすごかった。自分たちとは違うよね。すごいけど無理だわ。」

と言った方が、周りも「そうそう」という同調意見が多いでしょう。

なぜなら、あなたがそういうレベルのツルミにどっぷり浸かっているからです。

だからいつまでも現状不満足のままなのです。

変わりたければ、「自分も出来る!」「やりきる!」というツルミに変える必要があります。

しかし、急激な変化はかなりのストレスになります

今日お伝えするのは、時間を味方につけ、変化のストレスを極限まで減らしつつも目標を達成するための考え方です。

それは、1°の変化とリセット思考です。

続きを読む

目標設定と実際の行動は川を泳いで渡る事に似ている?

よく部活動や会社の目標設定で、高い目標設定を求められることがあります。

なぜ設定する目標は高い目標でなければならないのでしょうか。

僕には、この「なぜ」を説明してくれる指導者、先輩って中々いませんでした。

最近はサイモンシネックスのゴールデンサークルにかなり共感して何度も見直していますが、

行動の動機には「なぜ」を明らかにすることが絶対に必要なのだと思っています。

さて、本来のゴールを達成するためには、なぜより高い目標を設定する必要があるのかの話に戻ります。

この目標設定ですが、今の自分の力量と比較して、あまり高すぎる目標とゴールの時期を設定しても、まさに絵に描いた餅になります。

ちょっと無理して達成できる目標を本来の目標と置きつつも、それより更に頑張って達成できる目標を念頭に行動計画を立てると良いかと思います。

この辺は、半年半歩の考え方として、【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学に描いていますので読んでください。

ではまいりましょう! 続きを読む

目標達成のために絶対に必要なマインドセットとは!?

原因と結果の法則

未来デザイン読書会の、「やらない決意ワーク」では、行動の断舎利を行い、未来のために行動する「自分自身のための」時間を創るというワークを行います。

僕は、やらない決意を読んでから徹底的に行動の断舎利を行い、下記のように『未来のための自分時間』を創っています。

参考:【東京読書会ワーク】未来のためにやるべきことを明確にする「やらない決意」

今回は、時間を創ることを起点として、目標設定と達成マインドについて考えていきましょう。

1週間を8日にして回数券購入特典を得る方法とは!?特典回数券

回数券特典!?1週間を8日にする?何を言っているんだろうこの人は。

と言わず、まあ聞いてください。

僕が言いたいのは、無駄な時間を削ると1週間で1日分の時間が生まれますよという事なのです。

僕が自分のために使おう!と決めて、実際に行動に落とし込んでいる時間管理は以下のような感じです。 続きを読む

【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学

人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学

【東京読書会書評】最高のリーダーは何もしないはリーダーのバイブルに成り得る!では、ビジョン型リーダーシップについて学んだことを書きました。

今回紹介する本は、青山学院大学陸上競技部監督である、原 晋氏の言葉を纏めた「語録」といえる本です。

原 晋(はら すすむ)

青山学院大学体育会陸上競技部監督。1967年生まれ、広島県三原市出身。中学から陸上を始め、中京大学3年時に全日本インカレ5000mで3位入賞。卒業後、陸上部第1期生として中国電力に進むが、故障に悩み5年目に競技者を引退。95年より社員・提案型営業マンとして再スタートを切り、新商品を全社一売上るほどに活躍。指導経験はなかったものの04年から現職に就き、09年には33年ぶりの箱根駅伝出場、2012年に出雲駅伝優勝、2015年に青山学院大学史上初の総合優勝を果たすなど、目覚ましい成功を収めた。

青学 陸上部箱根駅伝の近年の活躍は多くの人が知っていると思います。

僕はあまりマラソンは観ませんが、青学が連覇したくらいは知っています。

この、「人を育て、組織を鍛え、成功を呼び込む勝利の哲学」には、157の原監督の言葉と、その内容が収録されています。

1つ1つの語録を半ページに纏めているのでビジネス書が苦手な人でも比較的読みやすい本なのではないかと思います。 続きを読む

目標達成のために必要な4つの「捨てる」という考え方

現状維持

未来を変えるためには行動を、行動を変えるには価値観を、価値観を変えるならコミュニティーを変える。

カフェ会や読書会を主催して実感するのは、「現状打破したい!」「未来を変えたい!」という人は沢山いて、どうにかしたいともがいているということです。
僕が主催・運営するコミュニティにも、継続参加する人はもちろん、毎回新しい参加申し込みがあります。
ですが残念なことにそこから更に一歩踏み出し、自ら仕掛ける側に回っていこうという人はホンの一割にも満たないということにも気付くのです。
現状打破にしろ、未来を変えるにしろ行動しなければただの願望で終わるのは言われなくても分かるはずなのに、なぜ多くの人が結局現状維持に落ち着いてしまうのはなぜなんでしょうか。
それは、コンフォートゾーンを広げる勇気がないからなんだろうなと思います。
そして、その勇気が持てないのは、圧倒的に知識が足りないからなのです。
残念ながら、文科省が定めた画一的なカリキュラムに則った学校教育ではその方法は教えてくれません。
自ら考え、動かなければそのヒントを見つけることは出来ないのです。

続きを読む

行動を継続して目標を達成するために必要な3ステップとは

成功への階段

継続する人とすぐ辞める人の差はどこにあるのか?

結果を出している人(ここでは起業で成功したり、独立して個人事業主として継続的に成果を出し続けている人と定義します)の講演や著書を読んで気付いたことがあります。

それは

「結果だけを見て憧れで行動を起こす人間はすぐ辞める。」という事です。

ある会社に難関大学を出て、人事からは将来はヨーロッパ駐在とか言われて入社してきた新人がいました。

彼は地味な仕事は一切しませんでした。先輩社員のいう事にメモを取ることもせず、横柄な態度を取る。

口癖は「3年後にはヨーロッパ行くので。」でした。

3年たち、彼が人事から言われた言葉は、「日本でもちゃんと仕事出来ない人は駐在は無理だよ。」というものでした。

彼は絶望しましたが取り返しはつきません。

彼は、「ヨーロッパに駐在し、名だたる企業の役員に対し素晴らしいプレゼンテーションをするなど大活躍している自分。」という”結果”だけを見て、そこに至るまでに必要な、周囲からの信頼とそこからくる推薦を獲得するための「やるべきことをしっかりコツコツやる」という事を怠ったのです。

結果だけを見て憧れで行動を起こす人間は、過程の重要性に気付かない(もしくは目を背けている)ので、実際に行動を起こしたとしてもすぎに結果を求めるため「こんなはずじゃなかった。」とか「やっぱりこれはやりたいコトでは無いんだ。」という言い訳と共に行動を継続することを止めてしまいます。そして、それだけなら良いのですが、往々にして、そういう人たちはその原因を外部に求めるため環境や他人のせいにして自尊心を保とうとするのです。 続きを読む