東京読書会コラム

評論家がリーダーになれない明確な理由と脱却のヒントとは?

リーダーシップ

会社やコミュニティーで一つの物事を前に進めようと意見交換していると、

批判しかしない人と批判をしても提案までしてくる人の2種類がいます。

(発言しない風見鶏は今回は無視。)

この人たちの違いは何なのでしょうか?

それは、事象に対して、他責とするか自責とするかの違いです。

そしてそれは、当たり前の事ですが、リーダーシップにもつながってくるのです。 続きを読む

【発覚~解決まで】Amazonマーケットプレイスで詐欺にあった話

オンラインショッピングは誰しも経験したことがあることが思います。

一度使ってみるとその便利さにあれもこれもネットで買うようになっちゃいますよね。

ある商売が隆盛しだすと、それに乗じた詐欺師が出てくるのは世の常です。

最近はAmazonマーケットプレイス詐欺についてのネット記事もよく見かけます。

皆さん、「自分は用心深いから引っかかるわけがない。」と思っていませんか?

僕も思っていました。

でも見事に引っかかってしまいました。

今回は、なぜ僕が詐欺業者を見破れずに引っかかってしまったのかを、発覚から解決まで詳細にリポートします。

ここを読んでくださった皆様の快適なネットショッピング生活のお役に立てれば幸いです。

良かったらシェアして下さいね。 続きを読む

【決めたい社員・決めない会社】ギャップが埋まらない理由

決められない上司

政府主導で進められている働き方改革。
残業削減とか、プレミアムフライデイなどの色々な施策が試みられています。

今日はその中でも、「副業」について考えてみました。

僕は、これからは副業というか、「複業」当たり前の時代になっていくと本気で思っています。

未来デザイン読書会では、ワークショップを核にして参加者が自分の名前で稼げるようになるための気付きを得る事が出来るように読書会を構成しています。
この読書会がきっかけで、僕を含め参加者それぞれが真に自立した個人となって欲しい、なっていこう!と思っています。
僕は3年前からこういう社外での活動を開始し今に至るわけですが、活動を続ければ続けるほどある思いが強くなってきたのです。

それは、

”企業の歴史が古く、その規模が大きければ大きい程、副業との相性は比例関係で悪化する。”
という事です。 続きを読む

【結構使ってる?】使い方次第で自己成長を止めてしまう言葉とは?

走りながら考える

使い方次第で自己成長を阻害する、むしろ完全に止めてしまう言葉があります。

それは、”等身大”と”マイペース”です。

僕は読書会やカフェ会で色々な人に会って話をしてきましたが、「今」何もやらない理由を述べる中でこの言葉を使う人は5年たっても何も始めていない確率が高いと思っています。それは結局、なんだかんだ言いながら現状に満足しているからだろうと思うのですが、その期間、自己成長というのはほぼ無いでしょう。

僕がカフェ会で出会った10歳下の女性に言われた言葉があります。

現状維持は衰退です。

その時、まさに聞いた瞬間は、確かにその通り!という返しをしましたが漠然としかその言葉の意味を実は捉えていませんでした。

ですが、今は明確に言語化出来ます。

現状維持で満足している人は、現状維持で満足している人しか周りにいないため衰退していることに気付かない。

しかし一歩外に出て気付く。

自分が現状維持している間に周りは成長しており、”相対的に”衰退していたという結果が突きつけられていることに。

それに気づいた時の言い訳として出てくるのが、”等身大”と”マイペース”なんです。 続きを読む

【現在は過去の積み重ね】未来を創る変化思考とは?

表現力

多くの人が、より良い自分となるために、「変わらないといけない」、「変わりたい」という願望は少なからず持っていると思います。

テレビやセミナー、インターネットで突き抜けた成果を出している人の講演や取材記事などを見たり読んだりすると、

憧れや尊敬と共に「もし自分がこういう人になったら」という妄想をすることってありませんか?

僕は結構あるんですよ。

ですが、たいていの人がそれを口に出す事をせず、心の中にしまいこみます。

なぜでしょうか?

それは、自分には無理、出来ないと思ってしまっているし、むしろそちらの方を口に出す方が楽だからです。

「前、こんな人の話を聞いたんだけどすごかった。自分たちとは違うよね。すごいけど無理だわ。」

と言った方が、周りも「そうそう」という同調意見が多いでしょう。

なぜなら、あなたがそういうレベルのツルミにどっぷり浸かっているからです。

だからいつまでも現状不満足のままなのです。

変わりたければ、「自分も出来る!」「やりきる!」というツルミに変える必要があります。

しかし、急激な変化はかなりのストレスになります

今日お伝えするのは、時間を味方につけ、変化のストレスを極限まで減らしつつも目標を達成するための考え方です。

それは、1°の変化とリセット思考です。

続きを読む

あなたが読書会に参加すべき理由を読書のメリットから斬る!

読書会 東京

趣味が読書とかいうとちょっと暗いと思われるかもと思っているかもしれません。

読書会に行くとか友達に言ったら「何それ?」とか言われるかもしれないからと参加を躊躇したり、

こっそり参加しているかもしれません。

そんな煮ても焼いても食えないような心配や不安なんか丸めてゴミ箱に捨ててしまいましょう!

読書は一生もんです!

今日は色々なサイトの協力を(勝手に)もらい、読書のメリットと、読書会がこんなに楽しいんだよ!

という事を語りたいと思います! 続きを読む

【絶対儲かる】リターンが約束された高利率の投資とは!?

自己投資

不動産投資、株式投資、FX…色々な投資が世の中には溢れています。

最近はビットコインが話題を集めていますね。

 

そんな中でも一番利率が良く、絶対に損しない投資は自己投資です。

 

これは間違いありません。

圧倒的なインプットからの良質なアウトプットは、それだけでお金を稼ぐ武器になりえます。

回収できないよ!という方、それは、回収の仕方を知らないだけだからです。

誰でも学びをお金にすることは出来ると僕は信じています。

続きを読む

目標設定と実際の行動は川を泳いで渡る事に似ている?

よく部活動や会社の目標設定で、高い目標設定を求められることがあります。

なぜ設定する目標は高い目標でなければならないのでしょうか。

僕には、この「なぜ」を説明してくれる指導者、先輩って中々いませんでした。

最近はサイモンシネックスのゴールデンサークルにかなり共感して何度も見直していますが、

行動の動機には「なぜ」を明らかにすることが絶対に必要なのだと思っています。

さて、本来のゴールを達成するためには、なぜより高い目標を設定する必要があるのかの話に戻ります。

この目標設定ですが、今の自分の力量と比較して、あまり高すぎる目標とゴールの時期を設定しても、まさに絵に描いた餅になります。

ちょっと無理して達成できる目標を本来の目標と置きつつも、それより更に頑張って達成できる目標を念頭に行動計画を立てると良いかと思います。

この辺は、半年半歩の考え方として、【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学に描いていますので読んでください。

ではまいりましょう! 続きを読む

今日からできる自然とお金が貯まる2ステップ実践法

お金の貯め方

今日はちょっと読書会から離れて、お金のことを発信したいと思います。

皆さん、お金、貯めたいですか?

ほとんどの人が「YES」と答えると思います。

貯金

貯金って、なかなか貯まらないし、我慢が必要…

では、どうやって貯めますか?

ほとんどの人が、「うーん、節約?」って答えるのではないでしょうか。

では、節約って、ずっと続けられますか?

ほとんどの人が、「いつの間にか元に戻ってます^^;」と答えるのではないでしょうか。

節約からお金を貯めるのって、ストレス溜まるんですよね。

ですが、僕が今日お伝えする無理なくお金が貯まる2ステップは無理なく自然にお金が貯まる方法です。

怪しいって?

いえいえ、まっとうなやり方ですよ。

キーワードは、「節約」と「天引き」です。

続きを読む

【説得と納得】人が行動を起こし継続するための大原則とは

リーダーシップ

人が何かを始める時、行動するきっかけは、2種類に分かれるでしょう。

それは、説得か、納得かの2種類です。

今日は、説得と納得、この2つのきっかけについて考えてみます。

例えば、今まで勉強していなかった子どもが何の理由もなくいきなり今日から勉強しだすことはありません。

親に滅茶苦茶怒られ、勉強しろと説得されたから勉強を始めるのか。

本を読んだり、テレビを見たり、友達の夢を聞いて「自分もそうなりたい!そのために今すべきことは勉強だ!」と納得して勉強を始めるのか。

どちらが長続きするのか、わかりますよね。

人が行動を開始して、しかもそれを継続できる要素には、「納得」が絶対に必要なのです。

説得されて始めた事でも、やっているうちに納得感が生まれたら継続することが出来るでしょう。

ただし、説得されて納得に至る前にはもう一つステップがあることを知らないといけません。

それは、「共感」なんです。

納得

続きを読む