東京読書会書評

【東京読書会書評】革新的な会社の質問力で自己発見力をつける

革新的な会社の質問力

著者 河田真誠
しつもん経営研究所(有)代表取締役。1976年生まれ。広島でデザイン会社の経営や、口コミだけで1000人規模のイベントを毎月主催した経験をもとに、独自の集客プログラムを開発し、企業へのコンサルティングを始める。教えるのではなく「しつもん」をするスタイル、わかりやすい切り口、そのして実際に結果が出るコンサルが評判を呼び、全国にクライアントを持つ。集客、問題解決、マネジメント、営業など、企業コンサルティングでの「しつもん」のノウハウをまとめて「しつもん経営」としてプログラム化し、多くの企業にコンサルティングや研修として提供している。最近では、企業でしつもんする「しつもんコンサルタント」の育成や、起業家支援、ビジネスモデルのプロデュースにも力を入れている。

 

行き詰った現状に変革を起こし続ける「4つの質問力」とは?

著者が本著の中で述べている「しつもん」には以下の4つがありました。

①自分に質問→目の前にある問題をサクサク解決
②部下に質問→自分で考え、動く部下に大変身
③会議に質問→グダグダな時間を楽しく創造的な時間に
④顧客に質問→「この人から買いたい」と思ってもらえる。

この中でも、僕が「これはすぐに使えて効果もすぐに分かる!」と思ったのは、①と、④でした。

「自分しつもん」を身に着け、思考力を自分のレベルを一段上へ

読書会やカフェ会を主催するようになったきっかけは、自分の現状への自問自答からでした。
本当にこのままで良いのか?
今の延長に臨む未来はあるのか?
自信をもって今の状態に「満足している」と思えているのか?
何より、「今」を楽しんでいるか?

こういった、悶々とした自問自答を数年繰り返した結果、
今、この自分が身を置いている状況には望む未来は無いんだと気付き、行動を起こすに至ったのです。

この、「悶々とした状況」をクリアにするための自問自答を明確に文章化したものがこの本の
「自分にしつもん」の章でした。
この章には、7つのしつもんが書かれています。(詳細は本を読んでください。)
ここにある質問群は、問題解決の王道とも言うべきしつもんですが、
仕事でもプライベートでもできている人は少ないと思います。
また、仕事の現場では出来ていてもプライベートになると全く出来ていない人も多くいます。

一番重要なのは、「自分がどうありたいか」なはずなのに、ついつい目の前の仕事にばかり目がいってしまう。
これは誰しもあることだし、気付き、学ばなければそこに意識を向け「続ける」ことは中々難しいものです。
名著「7つの習慣」にもあるように、第二領域(重要だが緊急ではないこと)にしか「どうありたいか」の答えはありません。

この、第二領域に目を向けるための初めの一歩が、「7つのしつもん」だと思ってください。

「お客様にしつもん」し、気付きを与え、感動を呼び、自分のファンにする

自分の事を話したい人、他人の話を聞きたい人、どちらが多いでしょうか?
僕は営業ですから、経験上圧倒的に前者が多いという事を知っています。
では、どういう人が求められるのか?
答えは自明ですよね。
人は、自分の話を聞いてくれる人を求めています。

ですが、ただ聞いて頷くだけの人にお金を払う人はいません。
ただ話を聞いてくれて頷いてくれる人には、自分が都合の良いときにしか声をかけません。

ではどういう人にお金を払うのでしょうか。
それは、話を聞いてくれて、聞いた後にたった一言の質問で自分の知らない自分を発見させてくれる人、つまり、自分にとって「価値」を与えてくれる人です。
何かに悩み、気持ちがモヤモヤとしている時ってありますよね。
そんな時に誰かに相談し、相談相手からのしつもんでハッと答えに気づく事無いでしょうか。
頭の中の霧がパーッと晴れるような。

すごい人のスピーチを聞いて感動し、なるほど、やはり成功している人の言葉はすごい。自分も見習おう!という気持ちになることは多々あります。
ですが、この感動は外側から与えられたものなので、一時のもので終わることが多いのです。

「あなたはどうしたい?」というしつもんを受け、自分のうちから導き出した答えなら、
それは自分が本当に思っていたことなので行動にも移しやすいし、
行動し続ける「パッション」に発展していくのです。
参考:結局すぐやる人がすべてを手に入れる

そして、その気付きを与えてくれた人に絶大な信頼を寄せ、「あなたから買いたい。」「あなたからしか買いたくない。」という関係が出来上がるのです。

営業は話すことが仕事だと考えているアホな人、沢山います。
そんな人は暇な時には良いですが本当に困っているときには煩いだけです。

営業は聞く仕事、そして、これは営業に限らずすべてのビジネスに通じる永遠不変の鉄則なのです。
これはAIには出来ない、人だからこそできる真のコミュニケーションなのです。

総評

この「革新的な会社の質問力」は、僕は「自己発見」に最も効力を発揮するのだと感じました。
自分へのしつもんで自分が本当にやりたいことを自己発見する。
部下へのしつもんで部下の潜在的な欲求を自己発見させる。
会議へのしつもんで、なぜこの会議をするのかの本質をメンバーが自己発見し、共有し、有意義な会議にする。
顧客への質問で、顧客が本当に望んでいることを自己発見してもらい、行動する理由を内側から気付かせ、行動を促す。

「今」に悶々としている人は是非この「革新的な会社の質問力」を読んでみて下さい。

革新的な会社の質問力

画像クリックでAmazonで購入

 

 

東京未来デザイン読書会へのスケジュール確認と申し込みは、やる気スイッチをクリック!

やる気スイッチ

フリートークカフェ会はこちら

朝活:【東京】出会いで人生は変わる!朝活カフェ会のご案内

夜活:【夜活】出会いで人生は変わる!夜活カフェ会のご案内

 

 

【東京読書会書評】幸福の資本論は人生選択の指標になる(かも)

幸福の資本論

『幸福の資本論』

著者 橘玲
作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。著書に『お金持ちになれる黄金の羽の拾い方』(幻冬舎)、『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(以上ダイヤモンド社)『言ってはいけない残酷すぎる真実』(新潮新書)などがある。メルマガ『世の中の仕組みと人生のデザイン』配信やダイヤモンド社との共同サイト『海外投資の歩き方』など精力的に活動の場を広げている。

 

ノー・マネー、ノー・フリーダム

「自由」とは「誰にも、何にも隷属しない状態」のことで、そのためには一定の条件を満たさなければいけません。

この条件とは、端的に言えば”お金”です。

市場原理主義からの見方はこうなると著者は言っています。
世の中金じゃない!という人は沢山いますが、それは目を背けているだけだと僕は思っています。
お金は大事続きを読む

【書評】ミリオネアマインドは「お金」の全てを教えてくれる

「ミリオネアマインド」。

その名の通り、ミリオネアになるための考え方を語った本です。

お金のことを語れない人は金持ちになれない。

自分の可能性に蓋をしているのは自分自身。

先行投資を厭わないこと。

金持ちになるためには思考のプログラミングが大事!

思考から感情が生まれる。

感情から行動が生まれる。

行動から結果が生まれる。

「人生にとってお金は重要じゃない、幸せはお金では買えないのだから。」という言葉、口に出していませんか?

それなのに「お金がない」「お金がない」と言っていませんか?

この思考は、生まれた時から今まで受けてきた教育によるプログラミンのせいなのです。

ミリオネアマインドを読むと今までのモヤモヤがすっきりします。

僕はすっきりしました。

お勧めです。 続きを読む

【東京読書会書評】人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学

人を育て組織を鍛え成功を呼び込む勝利への哲学

【東京読書会書評】最高のリーダーは何もしないはリーダーのバイブルに成り得る!では、ビジョン型リーダーシップについて学んだことを書きました。

今回紹介する本は、青山学院大学陸上競技部監督である、原 晋氏の言葉を纏めた「語録」といえる本です。

原 晋(はら すすむ)

青山学院大学体育会陸上競技部監督。1967年生まれ、広島県三原市出身。中学から陸上を始め、中京大学3年時に全日本インカレ5000mで3位入賞。卒業後、陸上部第1期生として中国電力に進むが、故障に悩み5年目に競技者を引退。95年より社員・提案型営業マンとして再スタートを切り、新商品を全社一売上るほどに活躍。指導経験はなかったものの04年から現職に就き、09年には33年ぶりの箱根駅伝出場、2012年に出雲駅伝優勝、2015年に青山学院大学史上初の総合優勝を果たすなど、目覚ましい成功を収めた。

青学 陸上部箱根駅伝の近年の活躍は多くの人が知っていると思います。

僕はあまりマラソンは観ませんが、青学が連覇したくらいは知っています。

この、「人を育て、組織を鍛え、成功を呼び込む勝利の哲学」には、157の原監督の言葉と、その内容が収録されています。

1つ1つの語録を半ページに纏めているのでビジネス書が苦手な人でも比較的読みやすい本なのではないかと思います。 続きを読む

【東京読書会書評】君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

著者:瀧本 哲史
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニーで、おもにエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事。内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、「日本交通」の再建に携わり、エンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。

友だちはいらないって…(寂しい)ぼっち

なんとも挑戦的なタイトルのこの「君に友だちはいらない」ですが、何も嫌われ者になろうとか、敵を作る人間こそカッコイイ!とかそういう事を言っているのではありません。

FacebookやTwitterなどのSNSは、(〇〇離れとは言われつつも)多くの人がコミュニケーションツールとして使っていますが、著者の言う「いらない友だち」というのは、ただ単に惰性で付き合い、SNSに自らが投稿した「どこに行った」「何を食べた」などの記事に、記事を読みもせず惰性で「イイネ」を押すような、「吹けば飛ぶような希薄な人間関係の人」というものです。

そういう意味での、「君に友だちはいらない」というタイトルであるという事が読むと分かります。

なぜそんな事をわざわざ本を書いてまで訴えるのか?

グローバル資本主義の広がりにより、あらゆる商品、サービスのコモディティ化(※1)が進む中で、人材のコモディティ化も進んでいるという現実の中で、今までのように単純に会社に勤めているだけでは非常にリスクの高い人生を歩まざるを得ない。

だからこそ、同じ価値観、同じ目的を持ち、それぞれが責任感を持って物事を推進する、「本当の仲間」を作る事がこれからの時代で生き残るためには必要だといっているのです。

※1 コモディティ:もともと「日用品」を意味する言葉だが、経済学では「どのメーカーの製品を買っても大した差が無い、成熟した商品」の事を指す。

僕はメーカーに勤務しているのでよく分かりますが、「メイドインジャパン=高品質」というのはほぼ崩れかけた幻想です。逆に、「メイドインジャパン」を商品アピールの前面に押し出すメーカーは、他にウリが無いという事を宣伝しているようなものなのです。

コモディティ化した製品はその単価がドンドン下がります。

アベノミクス物価上昇を謳い、実際にモノの値段は若干上昇しましたが、それは単なる円安の影響でえり、決して製品やサービスの価値に対して、人々が「高くても買う!」という意識になった結果ではありません。

プレイヤーが多くなり、品質もほとんど変わらないのであれば、安く提供できるメーカーの製品が一番売れるのは当然なのです。

逆に、消費者に価値を提供できることが出来れば「高くても売れる」という事なので、稀にそういう製品が発表され、爆発的ヒットを飛ばすこともあります。

そして、このコモディティ化は人材にも波及してきており、それこそがブラック企業を生む元凶だと言っています。「これ!」と言った強みが無い均一化した人間は安い賃金で扱われるという事なのです。

著者は、この現状に警鐘を鳴らし、僕たちがどういう行動をとるべきか、どうやって、その「本当の仲間」を作れば良いのかという事をこの本で訴えているのです。 続きを読む

【東京読書会書評】最高のリーダーは何もしないはリーダーのバイブルに成り得る!

最高のリーダーは何もしない

『最高のリーダーは何もしない』は近年最高の”なるほどポイント”満載本だった!(松尾基準)

著者の藤沢久美さんは日本初の投資信託評価会社を起業し、スタンダード&プアーズに同社を売却。その後も様々な経歴を重ね、2007年にはダボス会議(世界経済フォーラム)で「ヤング・グローバル・リーダー」に、2008年には「グローバル・アジェンダ・カウンシル」に選出されるなど、現在も大活躍されている方です。

ヤンググローバルリーダーとは

世界経済フォーラムは2005年、「Global Leaders of Tomorrow」(次世代のグローバル・リーダー)の後継としてヤング・グローバル・リーダーズのコミュニティを立ち上げた。このコミュニティには、多種多様な専門分野やセクターに携わる40歳以下のリーダーが世界中から集まっている。ヤング・グローバル・リーダーズは「2030年イニシアティブ」、すなわち2030年に世界がどうあってほしいかというビジョンへの到達方法を定めた行動計画の策定に取り組んでいる。(Wikipediaより)

この本は、藤沢久美さんが色々なグローバルリーダーにインタビューを行い、その結果から導き出した、今、現在求められているリーダー像とは何か?本物のリーダーシップとは何かを本当に明確に纏めてくれている本です。

僕は常日頃リーダーシップやそれに必要とされるビジョンについて考えることが多いのですが、「こんな感じでで、こういう所を目指さないといけないんだろうな。」と思っていたことがズバリ書いてあったことが、僕の共感神経(勝手に作りました)を大いに刺激したのでした。

お薦めです!!!! 続きを読む

【東京読書会書評】GRIT(やり抜く力)を身につけることが目標達成への最短距離

GRIT

結果を出すために必要なのは才能よりもGRIT(やり抜く力)だ!

最近話題のGRIT(アンジェラ・ダックワース)ですが、僕がこの「GRIT」という言葉に出会ったのは、TEDというプレゼンテーションでした。TEDは色々な分野のトップランナーの方が自らの経験や知識を発表する、とてもエキサイティングなプレゼンテーションです。時間のある時に見てみて下さい。

TED日本語版はこちら!(クリックでTEDにジャンプ)

さて、そのTEDで1年くらい前にこのGRITについてプレゼンテーションをしていたのが、著者であるアンジェラ・ダックワースでした。僕はこのプレゼンを聞いて何度も頷いた(共感ポイント多数!)ので、書店でこのタイトルと著者名を見た時、即時購入しました。 続きを読む

【東京読書会書評】大局観(出口治明)からリーダーシップを学ぶ

大局観

著者:出口治明

ライフネット生命保険株式会社会長兼CEO。

1948年、三重県美杉村(現津市)生まれ。

京都大学を卒業後、72年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際事業部長などを経て同社を退職。

2006年、ネットライフ企画会社を設立し代表取締役に就任。08年4月、生命保険業免許取得に伴い現社名に変更。13年より現職。旅と読書が好きで、訪れた世界の都市は1000以上。読んだ本は1万冊に上る。著書に『生命保健入門 新版』(岩波書店)、『直球勝負の会社』(ダイヤモンド社)、『仕事に効く教養としての「世界史」』(祥伝社)、『ビジネスに効く最強の「読書」』(日経BP社)、「働き方の教科書』(新潮社)、『部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書』(角川書店)などがある。

ライフネット生命が出来るまでの日本の生命保健会社は既存の大企業から分社化したというものしか厚生労働省の認可が下りていなかったという歴史があります。著者の出口さんは、その「おそらく不可能」と誰もが思っていた、ゼロからの生命保険会社設立を日本で始めて成し遂げた方です。しかも真っ向勝負です。その経験から、リーダーシップや、今後の時代の歩き方について語ったのが本書です。

何かを成し遂げた人の言葉というのはリアリティがあり、示唆に富んでいるので読み応えがあり、かつ、とても勉強になりました。

リーダーシップに必要なもの、それは共感力

リーダーは、組織がうまくいっているときは何もしません。ですがいざ方針転換が必要になったりピンチに陥ったときの打開策が必要なときは先頭に立ち方向を示すものです。そして、方向を示すためには全体を見通す力、つまり「大局観」が無いとリーダーにはなり得ません。

しかし、大局観があっても、ただ単純にあの星を目指そう!いうことを聞け!と言っても誰も言うことを聞くはずはなく、「そうだ!よし!一緒にがんばろう!」と思わせる共感力が何よりも必要になってくるのです。  続きを読む

【東京読書会】結局すぐやる人が全てを手に入れるを読んで10秒で行動に移す自分になる②

結局すぐやる人が全てを手に入れる

【東京読書会】結局すぐやる人が全てを手に入れるを読んで10秒で行動に移す自分になる①の続きになります。①を読んでない方は、是非①もご覧ください。①では、チャンスは全ての人に平等であること、チャンスを手にするためにはすぐに行動することが必要であること、すぐに行動できない人はどんなマインドに陥っているのかを書きました。

②は本の後半です。行動に移すためのマインドセットと、行動を起こした後、それを継続するためにはどういう考え方が必要なのかということが書かれています。

では、続きを書いていきます。 続きを読む

【東京読書会書評】結局すぐやる人が全てを手に入れるを読んで10秒で行動に移す自分になる①

結局すぐやる人が全てを手に入れる

結局すぐやる人が全てを手に入れるなんて

当たり前と言えば、当たり前ですが、何でもすぐに行動に移す人が結果を出しますし、その結果もうだうだ考えてやっとこさ腰を上げた人とは雲泥の差があります。そんなことはみんな分かっているはずです。分かっていながらも中々出来ない。そして、出来ている人を見て、「あの人は行動力があるなぁ。」「自分たちとは違うよねぇ。」などと言っています。この、「自分たち」という言葉が曲者です。「自分」ではなく「自分たち」。多数派を作り、現状に安心感を無理やり作ろうとする人のマインドです。

ですがこれは仕方のないことです。すぐやらない人は、行動力が無いのではなく、やり方を知らないだけなのです。

この、「結局すぐやる人が全てを手に入れる」は、10秒で行動に移すために必要な考え方を順序立てて教えてくれる本です。

ここからは、僕が本書から読み解いた内容をアウトプットしていきますので、「行動力がほしいなぁ」という方は是非読んでみて下さい。 続きを読む