未来デザイン読書会ワーク内容紹介

【東京読書会ワーク】AI時代の人生戦略を考える

AI

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

 

これは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の言葉です。

参考記事:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」(外部リンク)

続きを読む

【東京読書会ワーク】未来のためにやるべきことを明確にする「やらない決意」

やらない決意

相反するタイトルの本から導き出される答えとは

 

やらない決意」と「結局すぐやる人が全てを手に入れる」この二つの本。

タイトルだけ見ると全く正反対の事を言っているように見えます。

ですが、読み解いていくと、どちらも同じことを言っているのだと気付きます。 続きを読む

【東京読書会ワーク】一万円起業を読んで、自分なりのマイクロビジネスを考えよう

1万円起業

自分の得意を活かして、小資本でビジネスを始めよう!

なんて考える人、結構いるじゃないですか?

そう、結構いるんですよ。もっとお小遣い増やしたいなぁって人。

でもやらないのは、「やり方を知らない」のと「自信が無い」のが主な要因ではないですか?

1万円起業は、お薦め書籍にも紹介していますが、小資本で始められる、「自分の得意」でお金を稼いだ人たちの実例が多数掲載されている本です。 続きを読む

【東京読書会ワーク】「ゼロ起業」からファイブフォーカスを書き出す

ゼロ起業

その2.ゼロ起業より

自分と相手との知識差はビジネスになるということを理解しましょう。

家電量販店のスマートフォン売り場では、「googleアカウント設定 2000円」とか「メール設定 1000円」とかいうメニューが並んでいることをご存知でしょうか。デジタルネイティブである20代、30代はそんなものにお金を払うのなんてバカバカしいと思う人もいるかもしれません。ですが、中には「面倒だ」、「よく分からない」という人もいるわけです。こういう人たちは、お金を払ってでも人にやってもらいたいという人です。そう、そこにビジネスの種があるんですね。 続きを読む

【東京読書会ワーク】藤原先生、これからの働き方について教えてください

藤原先生これからの働き方について教えてください。

その1:藤原先生これからの働き方について教えてください。より

開催会によって扱う題材は異なりますので、是非一通り体験してみて下さいね。

(1)自分の仕事の付加価値を計算する

あなたの仕事、時給はいくらでしょうか?おおよその年間労働時間と年収から自分の「時給」を計算してみましょう。実際計算してみると、アルバイトと同じくらいの時給しかなかったということに気付くかもしれませんよ。

本から抜粋

あなたの仕事を測るのは、「年収」ではなく「時給」です。

時間当たりに生み出す付加価値の量で比べないと仕事の効率が見えてきません。 続きを読む